パチンコ業界関連 2019年パチンコ規制

2019年パチンコ規制緩和では、確変継続率の上限が65%以上も可能に!

更新日:

確変継続率の上限が廃止に!65%以上の継続率が可能に!

2019年パチンコ規制緩和では、確変継続率の上限が65%以上の台が認められることとなりました。

2019年2月からのパチンコ規制緩和での大幅な変更点は、確変継続率の上限が変更される点です。

現時点での確変継続率の上限は65%です。

現段階でMAXである、確変継続率65%の上限が撤廃・変更されることが決定しています。

この規制により、確変継続率95%で4ラウンドタイプの台が発売されるとのウワサ?も。

ただ、確変搭載になると、4ラウンドタイプでも高継続がゆえに出玉増加速度は速くなり、検定試験に通過しないので時短搭載タイプのスペックとなりそうです。

最高継続率は何%までOKになるのかは、パチンコユーザーにとっては大きな関心があると考えられます。

 

2019年パチンコ規制緩和 総量規制は変わらず!

今回の2019年2月から始まる、パチンコ規制緩和での大きな注目は確変継続率65%の上限廃止ですが、総量規制は変更なしです。

パチンコ台における、1回の大当たり出玉の上限は1500発。

2019年2月から始まる規制緩和後のパチンコ台のスペックとしては、高継続で1回の大当たりの獲得出玉は減少する台が多数販売・ホールにて稼動すると考えられます。

そして、射幸心を煽らないとの事から、4時間で5万円を超える出玉は認められていません。

1回の大当たりにおけるラウンド数も最大で10ラウンドとなっています。

どう考えても、規制緩和したからといってパチンコで勝ちやすくなる訳ではないですし、どちらかというと出玉率的にも辛い仕様になるのは確かです。

 

※規制緩和のフレーズが飛び交い、パチンコの出玉が良くなった感が前面に出ていますが、規制緩和という裏で大きな出玉削減を着々と実行し、現実的には厳しい仕様になってきています。

「2019年規制緩和」や「継続率65%撤廃」等の言葉に騙されずに、2019年2月からのパチンコ台のスペックはどうなるのか?に重点を置いて考えていきましょう。

2018年と比べて、パチンコ台の性能はかなり厳しくなると、はっきりと分かるはずです。

 

あなたにオススメ♪

 

トコトンわかりやすい! 第3種冷凍機械責任者試験 完全テキスト
created by Rinker







-パチンコ業界関連, 2019年パチンコ規制
-

Copyright© TOMOLOG♪ , 2019 All Rights Reserved.