三種冷凍 試験に合格する勉強法とコツをおしえちゃいます♪

更新日:

三種冷凍試験は、基礎を徹底的に分かるまで!

三種冷凍基礎とは、冷凍サイクルと言われる

「蒸発・圧縮・凝縮・膨張」

のサイクルのことです。

空調機の中をどの様に冷媒が循環して、冷風がでるのか?

温風が出るときには、空調機内部の冷媒の流れはどうなっているのか?

これが理解できていないと、三種冷凍の過去問をしても全く意味が分からず、時間のムダになります。

三種冷凍試験は、空調機の基礎となる試験です。

ビルメンで働く上で、多少なりとも役に立つはずです。

効率よく勉強する為にも、空調機の基礎の基礎から理解して勉強しましょう。

知らない人は残念!三種冷凍試験のわかりやすい問題集はコレだ!

冷媒の各状態の時に温度や圧力がどのような状態に変化しているのか、モリエル線図を使って理解することが本当に大切です。

ここがポイントであり、三種冷凍試験の合格するための勉強法のコツと言えます。

 

三種冷凍の勉強初心者は、冷媒の流れを理解する!

空調機内部の冷媒の流れを理解していると、問題を見てもイメージが沸くので正しい内容と間違っている内容が即座に分かります。

逆に冷媒の流れや状態を理解していないと、文章を丸暗記する勉強になってしまい、苦痛で大変な上に文章をひねられたら、全く手も足も出なくなります。

三種冷凍試験は、文章を意地悪にひねってくるので、特に注意が必要なところです。

ビルメン業界で働くと、知識は大きく役に立ち出世には必須の資格です。

 

三種冷凍試験の勉強時間!

三種冷凍試験の勉強時間についてですが、個人の知識やレベルによって若干の差は出てきます。

当たり前ですね。

全く冷凍の知識も経験もなく、一から始めたばかりの初心者では、1日2時間を3ヶ月頑張って勉強すれば、間違いなく合格できる力が付いてきます。

三種冷凍試験は、毎日必ず2時間勉強すれば合格できる資格ですが、仕事を終えて帰ってきてから資格勉強となるとなかなか進まないのも現実です。

コツコツ毎日勉強することをおすすめします。

勉強の時間を毎日決めただけきちんと取るという、計画性が無いと冷凍機械責任者の試験に合格する事は難しいです。

近年は、冷凍機試験は難化傾向にあり、合格率はものすごく低くなってきています。

ビルメン業界では、ビルメン4点セットという言葉があるくらい、三種冷凍は重要で難易度が高い資格です。

 

三種冷凍試験に合格する勉強法!

三種冷凍試験の勉強は、参考書選びで合格か不合格か決まります。

まず、分かりやすく理解できる参考書を選ばなくてはいけません。

ここが結構大切なところで、全く役に立たない三種冷凍の参考書が多いからです。

個人的に思うのは、冷凍の基礎や知識が全くない初心者には、上記の「初めての第3種冷凍機械責任者受験テキスト」という参考書が良いと思われます。

私も数年前に、上記の参考書を購入して勉強しましたが、基礎が分かりやすく、試験合格に本当に助けられました。

三種冷凍の勉強の始まりに、最適な参考書です。

 

あなたにオススメ♪

トコトンわかりやすい! 第3種冷凍機械責任者試験 完全テキスト

created by Rinker







-ビルメン(設備管理), ビルメンに必要な資格
-, ,

Copyright© TOMOLOG♪ , 2019 All Rights Reserved.