消防設備士乙種6類 試験合格に向けた役立つ参考書を紹介♪

更新日:

消防設備士乙種6類の資格が人気の理由とは?

最近では、消防設備士の乙種6類を受験する人が急増中とのことです。

消防設備士乙種6類の資格は、消火器の点検・消火器の中の粉末の詰め替えができるので、消火器のエキスパートになります。

近年では、点検をしていなかった古い消火器が破裂したりの事故が多くなってきています。

消防設備の点検会社の社員は、消防設備士乙種6類の資格を持っています。

建物の設備を維持し管理するビルメンでも、消火器に関する知識が必要なので、資格熱心な人は消防設備士乙種6類を受験したりします。

 

ビルメンって、消防設備士乙種6類の資格って必要なん?

私はビルメン業界で長年働いていますが、消火器の点検しかしたことがありません。

消火器の中の粉末の交換などは、契約している専門の消防設備会社が全て行います。

深夜や休日の専門業者いない時間など消防設備士乙種6類の資格を持っていれば、緊急対応をする事が可能になります。

 

消防設備士乙種6類 試験合格に向けた勉強のコツというか基本!

仕事をしながら資格の勉強をするのは、本当に大変です。

私も仕事が休みの日や宿直明けに図書館に通い、眠たい目をこすりながら必死で資格勉強に励んだ時期もありました。

自分との戦いに負けそうになりますが、資格を取った時の喜びを想像して、自分に打ち勝ち一回の受験で消防設備士乙種6類は合格しました。

 

消防設備士乙種6類の勉強期間はどれくらい必要なん?

消防設備士の資格の中でも、消火器関係の消防設備士乙種6類は簡単な部類に入ります。

簡単といっても、全く勉強しなかったり手を抜くと試験でやられます。

あくまである程度勉強して、知識がついてからの話です。

乙種6類の勉強期間ですが、私の場合で1ヶ月毎日2時間必ず勉強をしました。

試験前の一週間は、1日3時間程度は勉強したと思います。

消防の他の類の試験で、平均2ヶ月程度の学習期間が必要になります。

乙種6類以外にも、消防設備士の資格があればもう少しだけ時間を短縮することが可能です。

初めて消防設備の資格を受験する人で、消火器の知識や機械の基礎となる計算などが全くわからない人は、2ヶ月毎日2時間勉強すれば、合格ラインに十分立つことができます。

 

消防設備士乙種6類 勉強のコツ!

消防設備士乙種6類の試験勉強のコツは、毎日欠かさず少しでも勉強しておくことです。

毎日継続して勉強することで、忘れにくく深いところまでの理解がしやすくなります。

 

消防設備士乙種6類の合格にとても役に立つ問題集と参考書の紹介!

私が消防設備士乙種6類の試験に、一発で合格した時に使った参考書と問題集。

この参考書は、噂では「工藤本」と言われる工藤さんという作者によって作られた本です。

細かな暗記項目が多い消防設備士の試験対策に、楽しく覚えれる語呂合わせで簡単に数値を覚える事ができるのが特徴です。

消火器の内部構造や点検の方法などが、イラストを交えてわかりやすいので、実技試験にも重宝する参考書です。

消防設備士の試験は、筆記試験と実技試験に分かれているのはご存知だと思います。

※上記の工藤本の参考書1冊で、筆記試験は勉強さえすればほぼ合格できます。

 

消防設備士乙種6類の試験は、実技試験の対策が重要!

消防設備士乙種6類の難関は、実技試験です。

実技試験とは、構造や部品名などの問題をマークシートではなく、記述式で答えなければいけません。

回答の漢字間違いもアウトですし、問題数も多くないので取りこぼしは不合格に向かって一直線です。

 

消防設備士乙種6類 まちがいない問題集はコレだけ!

そこで、おすすめの問題集がコレ!

この問題集は、先ほどの工藤本とセットになった感じの問題集です。

※私が乙種6類を受験した時には、この問題集から半分程度出題されたのでうまく合格できました。

 

消防設備士乙種6類の試験合格に、絶対役立つ参考書!

消防設備士乙種6類は、工藤本の問題集と参考書だけで必ず合格できるはずです。

勉強しないと合格しませんからね。

毎日目標と計画性を持って、仕事をしながらでは大変だと思いますが、コツコツ頑張っていきましょう。

 

あなたにオススメ♪

トコトンわかりやすい! 第3種冷凍機械責任者試験 完全テキスト

created by Rinker







-ビルメン(設備管理), ビルメンに必要な資格
-, ,

Copyright© TOMOLOG♪ , 2019 All Rights Reserved.