給料が安いと退職するビルメン(設備管理)は意外と多い!その理由は一体なぜ?

更新日:

ビルメン(設備管理)の給料が安い・少ないとネットでもウワサに!

ビルメンテナンス業界に転職して数年が経過しましたが、設備管理の仕事は意外と大変で給料が安いです。

ビルメンの仕事は、

「まったり!」

「仕事が楽!」

などという掲示板の書き込みを間に受けて、ビルメンになりたいという人も増えてきています。

 

ビルメン(設備管理)の仕事内容って何してるの?

ビルメンの仕事内容は、広く浅く知識も必要ですし、簡単な機器や物品の修理の技術が必要とされます。

クレームやら雑用やらで大変な上、資格取得も求められて意外と暇ではないのがビルメン業界です。

ビルメンの仕事は、物件のビルや商業施設、病院などの設備を管理します。

定期的な巡回や故障やトラブルがあれば、業者を手配して最善の策を講じます。
クレームがあれば、即座に対応します。

報告書も作成したりと、業務内容は意外と広いのが特徴です。

ビルメンとは、設備管理の仕事なので確かに暇な時もありますが、まったり出来るほど暇ではありません。

 

ビルメンの給料と大体の手取り額ってこれくらい!

ビルメン業界は、24時間の夜勤があって夜勤手当がついても、給料は微々たるものです。

1ヶ月に10回24時間勤務の宿直をしても、給料は手取りで18万円です。

残業がたくさんあると、残業手当で稼げますが、ビルメン業界は残業そのものが少ない業界です。

ビルメン会社によっては、資格手当がついたり家族手当などが付いたりしますが、基本的に手当は少なく、基本給も少なくなっているのです。

賞与と呼ばれる一般的には嬉しいはずのボーナスも、ビルメン業界は少ないです。

基本給が10万円程度に設定されているので、年間2ヶ月のボーナスを貰っても、税金や保険を引かれると小遣い程度になってしまいます。

 

ビルメン(設備管理)は基本給が安く、昇給しない会社も!

ビルメン会社を選ぶ際には、基本給をきちんと確認しておく必要があります。

ビルメンの年収は、残業なしとした場合で年収260万円から300万円程度です。

資格を取得してリーダーや責任者クラスになって、年収が350万円から400万円程です。

趣味の時間は取れるものの、収入が少ないので趣味にも影響が出そうです。

そして、ビルメン業界は昇給と言われるものがないことが多いです。

仕事を覚えても数年経っても、給料は変わらず安いといったことになります。

 

ビルメン(設備管理)は給料が安いので、大手系列のビル管理会社へ転職する人が多い!

ビルメンで仕事ができる人は、資格を取得して大手の系列と呼ばれるビルメン会社に転職していきます。

 

大手系列のビルメン(設備管理)で働ければ、それなりの給料・年収になる!

系列ビルメン会社というのは、大手の鉄道会社や財閥系などの会社の子会社にあたります。

設備管理する物件も、系列会社の物件や関連先物件が多いので、入札や契約更新で現場を失うことが少ないのが特徴です。

※系列ビルメン会社でも、入札物件の設備管理現場は多数あります。

 

大手系列ビルメン会社は、正社員に採用されれば昇給と賞与もある!

系列ビルメン会社は、それなりの賞給とボーナス(賞与)があります。

大手系列のビルメンでも、正社員ではなく契約社員やアルバイトでの雇用となると、賞与や昇給が無いことが多いです。

正社員になれれば、賞与はそれなりに支給されて、年1の昇給も少しずつあります。

 

ビルメン(設備管理)で転職するなら、大手系列ビルメン会社へ!

ビルメンの仕事は、どの会社でもどんな現場でもする事はある程度同じです。

同じ仕事をするのであれば、少しでも待遇の良い安定した系列ビルメンがオススメです。

ビルメンで年収アップするためには、資格を取得して大手の系列に転職するのがビルメン業界で成功する人の流れです。

 

【あなたにオススメの記事♪】

トコトンわかりやすい! 第3種冷凍機械責任者試験 完全テキスト

created by Rinker







-ビルメンの給料と年収, ビルメン(設備管理)
-,

Copyright© TOMOLOG♪ , 2019 All Rights Reserved.