電験三種の勉強時間は1000時間だって?簡単には合格できないよ♪

更新日:

電験三種の試験合格に向けた、総勉強時間は約1000時間!

かなり難しいとされる電験三種の勉強期間は、一年かけてじっくりと勉強しなくてはいけません。

間違っても、半年やそこらで合格出るほど甘くはないです。

電験三種の試験は、トータルで1000時間は勉強が必要らしいです。

私が過去に電験三種受験したときは、1500時間くらい勉強した記憶があります。

 

電験三種試験試験合格を狙うなら、毎日勉強が必要!

いくら仕事で資格が必要だからと言っても、毎日勉強をするのはとても大変です。

毎日2時間だけ勉強してみるなどの、スケジュール管理が大事です。

仕事が終わった後や休日に勉強できない人は、朝2時間早く起きて勉強すれば一年で700時間程度は勉強できるので、科目合格くらいは可能です。

「電験三種の勉強期間は、時間換算で1000時間」

これは、どうやら本当のようです。

電験三種の試験を一年で4科目合格するには、休日に数時間勉強して、平日は一日2時間は勉強しないといけません。

そもそも、電験三種の試験を1年で4科目合格すると言うのが、大きな間違いです。

二科目ずつ、計画的に勉強して2年で4科目合格できれば上等です。

 

電験三種の基礎知識は、電気工事士の参考書が良い!

電験三種の問題を理解するには、基礎となる電気知識が必要です。

電気の基礎知識がないと、参考書や問題集の解説を見ても理解ができません。

計算問題を解く公式の説明などは書いていないことが多いので、初心者が電験3種の勉強をしても、ここでつまずく人が多いです。

設備関係の仕事や電気の専門の仕事の人なら、基礎知識があるのですんなり勉強に入っていけますが、初心者の人は二種電気工事士のテキストから勉強するのもアリです。

二種電気工事士の勉強をみっちりしてから、電験三種の資格勉強に入っていくやり方が、理解もしやすく覚えも早くなります。

 

【あなたにオススメ♪】

トコトンわかりやすい! 第3種冷凍機械責任者試験 完全テキスト

created by Rinker







-ビルメン(設備管理), ビルメンに必要な資格
-, ,

Copyright© TOMOLOG♪ , 2019 All Rights Reserved.