ビルメン(設備管理)の仕事は底辺か?ビルメンの年収・給料・仕事内容を解説♪

更新日:

独立系ビルメンの年収と給料について!

ただでさえ給料が安い・少ない・キツイと言われるビルメン業界では、年収は低いというか少ない。

ネット等では、

「ビルメンは底辺職だ!」

とウワサになっていますが、果たして年収や待遇はどうなんでしょうか。

収入面が一般企業に比べて低く、社会的に評価が低いために「ビルメンは底辺!」と言われるのかも知れません。

 

独立系ビルメンの気になる年収は?

気になる年収は多少の幅がありますが、200万円から450万円程度です。

ビルメン未経験で入社すると、年収が200万円から350万円程度です。

はっきり言って、年収200万円程度だと他にも仕事があるだろうと。

ビルメンの仕事は楽だと言われていますが、現実は厳しく覚えることも多い中での年収200万円は微妙なところですね。

ネットでウワサされるように、暇で仕事をしなくて年収200万円ならアリかもですが、近年激務化してきているビルメン業界で年収200万円は正直厳しいです。

 

独立ビルメンは、長期勤続でも昇給は非常に少ない!

独立系ビルメンでは、勤続年数が長くても昇給自体は少ないと考えておいても問題ありません。

ただ、ビルメン業界も「独立系」と呼ばれるビルメンテナンス会社や、「系列系」と呼ばれる会社が存在します。

 

独立系ビルメンの給料支給額は?

年収の金額を見てもらったら分かるとおり、毎月の給料の支給額は15万円から28万円程度です。

同じ給料の支給額でも、独立系のビルメンの会社によって内訳が大きく変わってきます。

 

会社によって支給額がかなり違う!

同じ月給18万円でも、基本給が15万円のビルメン会社もあれば、基本給が8万円という会社もあります。

なぜ基本給がそんなに低いのかは、

「ボーナスの支払い額を調整するためでは?」

と言われたりもしています。

 

独立系ビルメンの現場所長の年収は?

所長と呼ばれる現場のトップになると、年収も400万円以上になりますが、どれだけ仕事が出来て優秀な所長でもこれ以上の昇給が望めません。

仕事のできるビルメンは他の会社へ転職します。

 

独立系ビルメンは昇給が少ない!

独立系のビルメンは、入札で現場を取ってくるので予算が決められています。

年間8000万円で契約を取れば、必要な人数をその金額でやりくる必要が出てきます。

なので、昇給したり賃金が上がったりと言うことは難しいということになります。

ビルメン業界の給料が上昇しない、原因の一つです。

 

系列系ビルメンの年収と給料について!

ここからは、若干年収面や待遇面で一般企業に近くなってきているとウワサされている、系列系ビルメンの年収について書いていきます。

 

系列ビルメンの年収は約300万円から650万円程度!

系列系ビルメンの年収は、300万円から650万円程度の範囲内です。

個人の資格や能力・経験によって大きく左右することになりますが、最低でも300万円からです。

独立系の年収が200万円から450万円程度であると考えると、収入面では少し良くなってきます。

 

系列系ビルメンに入社後、初年度から400万円以上もらうには?

ビルメン業界の経験が5年で資格もそこそこの場合は、入社初年度の年収は平均で380万円からです。

バリバリ仕事が出来て所長クラスに出世するとなると、年収は650万円も見えてきます。

系列ビルメンは、実力主義の世界です。

頑張って働けば、自分に全て返ってくるので、頑張る気持ちになれます。

 

系列系のビルメンは賞与も支給!

独立系のビルメンでは、賞与が出る会社は少なく、仮に出たとしても寸志だったりすることが多いです。

系列系ビルメンでは、仕事も大変ですが賞与の額面が多いのも特徴です。

 

賞与は年間約5ヶ月支給!

私の勤めていた系列系は、ボーナスが年間5ヶ月支給されていました。

賞与があるか無いかで、年収は大きく変わってきます。

ビルメンで働くことを考えているのであれば、賞与の有無は非常に重要です。

 

【あなたにオススメの記事♪】







-ビルメンテナンス
-, ,

Copyright© 人生の糖質を届けたい! , 2020 All Rights Reserved.