新聞販売店での営業の仕事!給料は高い!

投稿日:

新聞販売店の仕事内容と給料!

新聞や求人情報誌などに掲載されている、新聞の営業について書いてみます。

スポーツ新聞や地域新聞によく掲載されている求人です。

新聞販売店の営業とは、各家庭を訪問して新聞の勧誘をするのです。

 

新聞販売の営業は、高額な歩合が魅力!

一件契約が取れれば、契約内容に応じて給料が支払われます。

契約一本につきいくらというやつです。

新聞業界では、カード料と言われます。

もちろん、契約が取れなければ給料が出ないことが多いです。

基本的に、歩合制の契約に応じて給料が支払われます。

契約を取ると、内金と言ってその日の契約で支払われるカード料の中から、一定割合をその日に現金で支給されます。まあ、日払いと同じです。

カード料の残った分を、給料日にまとめて支給されます。

日払いでお金が欲しい人には、ちょうどいいかもしれません。

 

新聞販売店の営業で稼ぐのはキツイ!

よく新聞販売店営業の求人には、

月収30万円以上可!

なんて書かれていますが、実際に稼ぐのはとても大変です。

 

新聞販売店で働くには?

働くには、求人に掲載されている電話番号に電話します。

大抵はすぐに面接をしてくれます。

履歴書を渡して、簡単な質問がありその後採用といったパターンが多いです。

契約を取れなければ給料を払う必要がないので、よっぽどでなければ採用が決定します。

 

新聞販売の営業は拡材を武器に契約を取る!

その後、一日かけて簡単な研修があります。取り扱っている新聞の金額や、契約の際に渡す商品の数量などを教えてもらいます。

このような景品を新聞業界では、拡材と言われます。

一件契約とっていくら貰えるのかも、その時初めてわかります。

 

新聞営業の仕事の始まる時間は昼から!

新聞の営業の朝はゆっくりです。

指定された新聞販売店に、昼過ぎに向かいます。

大体の勤務時間は、12時から20時くらいまでです。

 

エリアの地図を渡され、ひたすらピンポンを繰り返す!

新聞販売店で軽く挨拶をしたあと、その日に回る地図をもらいます。

その地図のエリア内を地図に記された情報を元に、1件ずつ訪問していきます。

新聞販売店の営業は、とにかく大変です。

 

新聞営業の現実はインターホンで拒否が大半!

インターホンで

新聞の勧誘に来ました!

などといえば、暴言を吐かれたり嫌がられたりして、玄関を開けてもらうことさえ難しいのです。

初心者の人は、10件回ったところで嫌になる人が多いそうです。

 

新聞営業でうまく契約が取れたときは?

地図のエリアを回って、うまく契約が取れたときは、新聞販売店に電話をして報告をします。

夕方過ぎにその家に電話をして、新聞を取ってくれたお礼とご挨拶という名目で、本当に契約したかどうかの確認が行われます。

確認が無事に終了して、初めて給料が発生するのです。

 

昔は脅迫や不正の契約も多かった!

新聞販売店の営業は、昔は不正も多かったと聞きます。

無理やり契約させたり、勝手に住所と名前を書いて提出したりと、そんなことがあったからか知りませんが、契約してくれた家に確認の電話をかけます。

 

新聞勧誘の仕事は基本的に一人!

新聞の営業は、基本的に一人で回ります。

なので、サボっていようが寝ていようが怒られることもありません。

しかし、契約が取れなかったら給料が0のタダ働きどころか、契約を取れなかったことへの叱責がかなりきついです。

 

新聞勧誘の営業で稼げる人の待遇!

契約を取れる人には、本当に天国みたいな環境です。

常に成績の上位には、給料と別に報奨金が出ますので出来る営業マンは稼ぎます。

報奨金も金額が大きく、トップで10万円程度支給されます。

 

できる新聞営業マンの月収は50万以上!

新聞営業で稼ぐ人は、月に50万円から70万円程度稼ぎます。

稼ぐ人は、必死で働いているのでしょうか?
そんなことないのですね。

稼げる人は、新聞販売店の営業のコツを掴んでいます。

夕方まで仕事せずにぶらぶらして時間を潰してから、夕方の家に人が帰ってくる時間帯だけに絞って、営業しに行く人もいます。

 

新聞営業の実働時間は一日数時間!

夕方からの数時間だけで毎月50万円から70万円稼ぐのです。

どうすれば新聞を取ってもらえるか?

かなり研究していると聞きました。

初心者がすぐに契約を取れるほど、甘い世界ではないようです。

しかし、頑張れば稼げるのもまた事実です。







-各種仕事体験談
-, ,

Copyright© 人生の糖質を届けたい! , 2020 All Rights Reserved.