派遣で仕事をする際の悪い点(デメリット)について

投稿日:

派遣会社で仕事をすることのデメリット!

派遣会社に登録していると、たくさんの仕事を紹介してもらうことが可能です。

しかし、仕事がしたい時に仕事の電話がかかってこず、仕事をしている時に限って、数社もの派遣会社から仕事の依頼が入ったりします。そうすると、悪い流れに入りやすくなります。

現在の仕事が切れて、次の仕事を探す時に派遣会社に電話をかけてみると、

以前電話した時に、断ったでしょう。

なんて言われて、仕事を紹介してもらえないことが出てくるんです。

こっちからしてみると、そんな勝手なことを言われても、困るわけです。

何のための日雇いであったり、日払いの派遣か分からなくなってきます。

 

派遣社員で働くのは収入面では悪くない!

派遣の日雇いや派遣の日払いの仕事でも、大きく分けて数種類に分けることができます。

まず、派遣社員となって派遣先の企業なりに、正社員と同じ時間働かせてもらう方法です。

これだと、収入面は結構な金額になり、生活にも充分なくらいもらえます。

その分、条件的にはスキルであったり資格であったり、求められるものも多くなりますが、賃金面では正社員より良いこともあります。

 

派遣社員は収入面は良いがデメリットも・・・

悪い点はあくまで派遣なので、契約更新をしてもらえなかったりすれば、その会社で働く事は不可能になります。

いつ仕事が無くなるか分からないので、精神的な疲れも出てくると思います。

こういった仕事は、営業職や工場などによくある働き方です。

大手の会社に多いと言えます。

 

派遣で働くメリットはナシ!

派遣で働く良い点は、はっきり言って無いでしょう。

賃金的にも本当に安くて、一日しんどい仕事をして日給が7000円程度が多数です。

生活のために働くなら、派遣でも派遣社員としてきちんとした現場で働かなくてはいけません。

派遣はあくまでも派遣なので、いつかは仕事がなくなります。

自分にあった、先を見据えた派遣の働き方を考えておきましょう。

 

派遣の短期日払いは一日のみなので気楽?

次に、単発の日雇いという働き方です。

派遣会社から、電話があり現場の場所と時間と仕事内容を告げられます。

それで良ければ、一日仕事ができます。

しかし土日や平日の一日のみなので、学生さんでもない限り、生活していくのは不可能です。

毎日でも働きたい派遣スタッフはたくさんいますが、派遣社員としてフルタイムで働ける現場がないと、このように一日単位の仕事をしないといけなくなります。

 

派遣会社で働く上での悪い点!

派遣で働く上での悪い点は、仕事の予定は次の日までしか分からないという点です。

明日仕事があっても、次の日はわからない状態です。

お金が必要な人は、数社もの派遣会社を掛け持ちしたりして働きます。

すると、先ほどのように仕事があるときに連絡が来たりして、仕事のない時にはどこの派遣会社も連絡がないといった悪循環に陥ります。







-各種仕事体験談
-,

Copyright© 人生の糖質を届けたい! , 2020 All Rights Reserved.