ビルメン(設備管理) ビルメンに必要な資格

資格なしでビルメン(設備管理)になりたい?ビルメン業界は甘くないよ♪

更新日:

ビルメンするなら、ビルメン4点セットの資格を取得しよう!

世の中には色々な職業や仕事がありますが、ビルメン業界の設備管理の仕事が人気だそうです。

他業種から転職してくる人が、どのように考えどのような経緯でビルメン業界に転職してくるのかは知りませんが、ビルメンになるには、資格が大切です。

特にビルメン業界の採用担当者は、設備経験のない新人を嫌います。

なぜかというと、経験の無い中途採用の新人を教育できるだけのスキルと、人材が不足しているからに他なりません。

ビルメンに転職する際に、資格の有無は大きな判断材料になります。

 

資格なしでビルメンに転職はムリ?

資格なしでビルメンに転職するのは、ムリではないですが、そこそこの待遇の会社へ入社することは非常に困難です。

逆に、人一倍努力して難易度の高い資格を複数所持していれば、高待遇のビルメン会社へ未経験でも中途採用で入社は可能です。

 

未経験からビルメンに転職するために、最低限必要な資格とは?

ビルメン4点セットと呼ばれる、基本4点の資格取得は最低限です。

未経験で設備管理業界で働くのであれば、下記の4つの資格のうち2つは取得しておきましょう。

 

二級ボイラー技士

二級ボイラー技師の資格は、ボイラーの運転管理に必要な資格です。

貫流ボイラー以外のそれなりのボイラーには、必ず免許の所持した作業員が必要です。

試験は筆記試験のみで、難易度はやさしい部類に入ります。

2ヶ月間毎日勉強すれば、合格できる資格です。

 

危険物取扱者乙種4類

危険物取扱者乙種4類の資格は、ビルメン4点セットの中でも、一番難易度は低いです。

ビルや商業施設には、停電時に備え非常用発電機が備え付けてあります。

この非常用発電機の燃料が重油であるため、危険物取扱者乙種4類の資格が必要になります。

 

二種電気工事士

二種電気工事士の資格は、業務で直接必要はありません。

高層ビルや商業施設は自家用電気工作物のため、二種電気工事士の資格範囲外です。

なぜ、二種電気工事士の資格が必要かといえば、電気の基礎知識があるかどうかです。

簡単な100V回路の電気知識がなければ、コンセントの交換や安定器交換等の作業もできません。

ビルメン4点セットの中でも、一番重要度が高い資格です。

 

第3種冷凍機械責任者

第3種冷凍機械責任者の資格は、通称冷凍3種と言われる資格です。

この資格は、ビルや建築物の空調機の仕組みから、エアコンはなぜ冷えるのかなどの理論的な知識が身につきます。

ビルメン4点セットの中でも、一番難易度が高く難しい試験です。

上記4つの資格が、ビルメン4点セットと言われる資格です。

ビルメン4点セットにも様々な意見があり、第三種冷凍機械の資格ではなく、消防設備士の甲種もしくは乙種の第4類が真のビルメン4点セットという人もいますが、大体この4つの資格がビルメン四点セットと言われています。

 

ビルメン4点セットの2つ取得を目指そう!

未経験でビルメンになるには、資格なしよりも幾つかの資格があった方が、面接のクリア率は大きく上昇します。

ビルメン業界は、給料の安い会社が多いので、少しでも待遇の良い会社で働くためにも、ビルメン4点セットの資格取得をオススメします。

 

【あなたにオススメ♪】

トコトンわかりやすい! 第3種冷凍機械責任者試験 完全テキスト
created by Rinker







-ビルメン(設備管理), ビルメンに必要な資格
-, ,

Copyright© TOMOLOG♪ , 2019 All Rights Reserved.